〜The relationship between Dominant and Submissive 〜

理性的で、人として尊敬できる独身のDominantの方との奇跡を信じて…

歯科医院にて…



私は〇年前、歯科の先生に疑似恋愛ならぬ精神的な疑似主従の関係を感じていた事があります。笑




先生はとてもお若い方だったのですが、見た目や年齢が前のご主人様(最愛の方)に似ていた事もあり、一目惚れをしてしまったのがきっかけでした。




そのお若い先生になる前の担当医は50代後半の先生で、ザ・サディストという感じの痛みに厳しい先生で私は怖くて堪りませんでした。




とにかく、治療が乱暴で荒くて痛いし有無を言わさず怖いのです…。




それだけでは無く、生活リズムや口腔状態などについて人格まで否定するような言い方をされて辛い思いをしました。




そういう事もあって、私は歯科に行くのが億劫になりとても悩んでいました。




そんな時、知り合いに紹介されて転院したのが

今の歯科医院で、私の担当はお若い先生になりました。




先生はとにかく紳士で丁寧なお方でした。

年下ですが、本当に尊敬できる人で、治療のみならず精神的な事にも向き合ってくださいました。




個人的な感情では無く”お仕事”だから真摯に向き合ってくださっている…という事は頭ではわかっていながらも、簡単な虫歯治療の時でさえ診察日以外の普通の日にもたびたびお電話をくださって、治療前後の様子や不安な気持ちを聞いてくださったり、その後の指導をしてくださる事に対して、私は自然とこの男性に”従いたい…”と思ってしまったのです。




前の先生に対してはとにかく苦手意識しかありませんでしたが、その担当の先生には素直に不安な気持ちを伝えたり、甘えたりもしてしまいました笑




何か少しでも歯に不安が生じた際は、多忙なのにも関わらず、先生の方からの提案で少しでも時間を空けてくださり、予約以外でも診てくださったり、診察費用も他の医院とは違って最低限のみでした。




今はもう海外に行かれているので、おかげでMっぽい気持ちになってドギマギする事はなくなったのですが、日常生活の中で例え疑似であっても主従を意識してしまう男性に出会えるとは思ってもいなかったので、不思議な経験になりました。




…ちなみに、今日は診察日でした。

今の先生もとても優しくて気遣ってくださる方です。

ただ、私のMっぽさが出るお相手ではないで、安心して日常として過ごす事が出来たのでした笑

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。