〜The relationship between Dominant and Submissive 〜

理性的で、人として尊敬できる独身のDominantの方との奇跡を信じて…

ありがとうございます


いつもブログ記事に目を通してくださってありがとうございます。

そして、いつも温かいコメントをくださる方々本当にありがとうございます。




深層心理の部分で共感し合えたり、思いや苦悩をこうして話せる居場所がある事で救われて居ます。




SやM・DやSという立場に捉われず、嗜好が違うからと差別区別するのでは無く、

『人と人として、分かり合える…』

それがとても嬉しいです。



ありがとうございます。

これからも、宜しくお願い致します。





立ち位置や立場、嗜好が違っても皆それぞれにこの世界に苦悩を抱えた時期があっただろうと思います。それに、何かしらのきっかけがあって、この世界に居るのだと思うのです。




私は、一番感受性の強い時期にある医師から長年に渡って受けた事がきっかけとなり、それ以来 どこか人と違う嗜好やスイッチがおかしくなってしまい、悩み苦しみながらこの世界にいます。




先生を恨んだ…と書きましたが、ただ、私は先生から暴力を受けたわけでも無く、見下されたわけでも無く、性的な事をされたわけではありません。犯罪をされたわけでもありません。

なのでそういう意味では感謝もしていますし、ホッとしているんです。




先生は、私をとても大切に扱ってくださいました。ただ、可愛がり方が違っただけです。

きっと他の子どもさんにはない何かを感じていたのでしょう…




幼女ながらに素質を見出され、長年に渡って調教されていたのだと思います。




そのおかげで、皆からすればなんて事のない行為であるのに自分には特別な空間・特別な行為だと脳が覚えてしまい、魅力を感じてしまうようになり、安心感まで覚えるようになってしまいました。




辛いですが、現実を受け止めるしか方法がありません。




できれば、先生に対してはもしSさんであるのであれば、調教を施した事について責任を持って頂きたかったと今となっては思いますが…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。