〜The relationship between Dominant and Submissive 〜

理性的で、人として尊敬できる独身のDominantの方との奇跡を信じて…

視覚で、感じた事…

Ⅰ…お互いの存在を大切にし合い、愛おしさが滲み出ていると感じます。


躾は厳しいでしょうけれど、関係性はきっと甘美な二人だけの世界なんだろうなぁ…と感じます。


足元に居て、幸せ溢れているのでしょうね。

自然体で微笑ましくて、羨ましいです。




Ⅱ…以前にも登場しましたが、私はこのシチュエーション及び雰囲気が大好きです。


Masterは、一見お口の中を視ているように見えて、きちんと従者の表情や深層心理を読み取って理解している…


従者もそれに自然に応えようとしているように思えます。




Ⅲ…痛そうに見えるけど、主様がどうしたいかでそれは変わる。。


あくまでも自分の経験でしか物は言えませんが、私が思うに目的によって、力加減や方法が変わるから…。


私が過去に幾度か経験した時は、痛くない事の方が断然多かったです。


痛みは皆無…というわけにはいきませんが、

それよりも断然 恥ずかしさの方が上回っていましたし、絶妙な力加減・バランスだったのだと思います。


それは、私を理解してくださっていたから…もあるかとは思いますが、お相手自身が痛みを与えるのが目的ではなく、羞恥を与える事が好きな方だったからだと思います。



一方で…

詳しい事は今ここでは書きませんが、結局後から病院に行く羽目になった経験もあります。

本気でキツかった…

冷静にならざるを得ませんでした。


同じ責めでも、相手が違えば全く違うものに成り得る…と、思います。


主様になる方によって、責め方によって、安心感に繋がり至福を感じる場合もあれば、ただの恐怖でしかない場合もある…

怪我を負う時もあります。


受ける側もきちんと見極める力を養わないと…

自分自身でちゃんと守る事もしないと…

取り返しのつかない事にも成り得ますよね。。

(自分に言い聞かせている事です)


同じ行為でも、関係性に寄っても変わって来るし、奥が深いなぁと思います。




最後は…


Ⅳ…こんなので感じちゃうのはおかしいとはわかっているけど…
こんな風にされると、この上なく嬉しくなって幸せを感じてしまうのです…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。