〜The relationship between Dominant and Submissive 〜

理性的で、人として尊敬できる独身のDominantの方との奇跡を信じて…

改めて、知る…


自分の書いたブログを読み返していて、改めて私は”人として尊敬できる人”にしか惹かれないという事実に気付かされました。




そこには年下・年上は関係ない。

IQや社会的地位も関係ない。

人としての価値観や感覚・感性・思考などトータルで尊敬できる人から恥ずかしい躾をされてしまうことが私の嗜好です。。




わざわざ新たに表明しなくてもずっと前から自身ではっきりとわかっていた事。

しかし、こうして自身の書いた記事を見直す事で、再認識できたのです。




余談ですが、私は主になる立場の方に対して、弱さを見せてはいけないなんて思いません。

隠し通す必要はないと思っています。

本当の強さは、弱さも隠さずに見せる事のできる人だと思っています。

ご主人様も従者も互いに人間同士だから、心で支え合っていきたい。だけどしている事はアブノーマルな秘め事。そんな特別な関係性に魅力を感じます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。