〜The relationship between Dominant and Submissive 〜

理性的で、人として尊敬できる独身のDominantの方との奇跡を信じて…

首輪とリード…


私は、首輪とリードを必要としています。



その意味合いは…



一応、私は良い方がいらっしゃれば、ご主人様募集中の身という事になるので、詳しくは表明しませんが…笑




昔、ネットの出会いで首輪の話題が出た際は、そのお方がどういう意味合いで首輪を好むのかを必ず質問していた時期がありました。



その回答は本当に皆さんそれぞれの考え方・感覚がお有りで、私にはとても良い勉強になりました。




★質問★「貴方にとって、首輪とリードの意味は何ですか…?」とお聞きしたところ



①所有物(人では無くモノとして)の証



②嫌がっても無理矢理 力ずくで乱暴にリードを引っ張る事で、支配欲を満たす事ができる都合の良い道具



③どんな理不尽な要求でも主の喜びが奴隷の喜びであるという忠誠を誓う証



④人権を捨てさせ、只の雌犬に成り下がった証



⑤互いにとっての大切な精神的繋がりの証

(形だけの首輪やリードは必要ない。会えない時間も見えない首輪とリードで心繋がっている事が大切)



などなどの内容がありました。



他にもまだまだ様々な考え方や解釈があると思いますが、これらは私が長年ネット上で、少なくても最初からタメ口や敬称なしの方や暴言を吐いたりせずに、少しでも会話が成り立った方に聞いたお話です。



⑤の回答の方はその中でも少なく、その殆どが①〜④の回答でした。



人それぞれなので、その考え方に見合った相手と関係を結ぶのであれば、どれが正解でどれが間違いとかはないのでしょう。



問題は、本心でそれを発言しているのか否かが大事だと思いました。

口先では、どんな事でも言えるから…



関係を結ぶ相手を間違えてしまうと、取り返しのつかない事にもなり兼ねないので、気をつけねばなりませんね。




そういう私にも苦い経験があります。

殆どの場合は、いくら口では良い事を言っていても会話を重ねていくうちに見抜けましたが、残念ながらそうではなく信じてしまって簡単に手放された苦い経験もあります。



私自身はその頃あまりお相手の経験の有無に拘りはなかったのですが…

憧れだけで容易に主になれると、責任や覚悟は持ちたくないという男性とこの先主従関係を結ぶ事はもう二度とありません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。