〜The relationship between Dominant and Submissive 〜

理性的で、人として尊敬できる独身のDominantの方との奇跡を信じて…

不思議な夢…


ここの所、あまりこの世界の事を考えずに過ごせていたのですが、昨夜、不思議な夢を見ました。。。




口腔には開口器具が施され、体は動けないように手足を宙に浮かされた状態で金属の拘束台に固定されています。




その拘束台は何故かタイムショックのようにグルグルと回転するのです。
そして回転と共に秘部が露わになり、秘部と口腔内には同時に金属の動く棒の先にディルドを固定されたような機械で責め立てられていました。




私は口腔からも秘部からも涎を止めどなく溢せさ、絶叫や悲鳴に近い歓喜の鳴き声を上げながら悶え耐えていました。




その様子を、スーツ姿のご主人様が嬉しそうに満足そうに見つめていらっしゃり、私はそのご主人様の姿を見ながら必死で目を合わそうとします。




目を合わそうと頑張っても、すぐにスイッチを押されて回転させられるので、涎と涙と愛液を垂らしながらひたすら喘ぐ事しかできません。




私にできる事はご主人様に満足して頂くために責めに耐える事しかできないんだ…と観念しながら大きな鳴き声を上げ続けるのでした。





その辺りまできた所で秘部にまるで電気が走っているかのようにジンジンした感覚で目が覚めました。
さすがに濡れてはいませんでしたが、こうした体の反応で目が覚めた事に対して驚いてしまいました。




この世界の事を考えながら眠りについたわけじゃなく、全く離れる事ができていたのにこのような不思議な夢を見てしまい、少し自分の事が怖くなってしまいました。




ご主人様がいる時は夢にまで出てくる事がよくあっても、未だ見ぬ未来のご主人様の満足そうな表情に心満たされて反応してしまった事においても不思議な感覚です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。