〜The relationship between Dominant and Submissive 〜

理性的で、人として尊敬できる独身のDominantの方との奇跡を信じて…

不安定…


心が不安定になると、主様と呼べる存在を求めてしまう…


心が不安定になると調教が欲しくなる…


とはいえ私の場合、被虐行為を求めるのとは異なるけれど。。。



忙しく安定している時は精神が満たされていて精一杯。元気いっぱい。


それが孤独を感じたり寂しさを感じて不安定になると一気に脆い自分が顔を出す。

寄りかかり、頼りたくなる。。


でも、そんな顔をお見せするのは主様の前だけ。。



昔からずーっと答えは出ないのですが、不安定だから主様という存在を求めてしまうのか?


それとも…


ずっと主様という存在を求めているけれど、出会えないから不安定になってしまうのか?


今まで幾度なく自己分析しても、それだけは答えが出ないままです。


あまり拘る必要もなくて、例え理由が明確にならなくても、自分に素直になればそれで良いんじゃないかな?と思ったりもします。



ただ…


心が不安定になると、容赦ない恥ずかしい姿にされて主様の心ゆくまで虐めて欲しいと心の中で願ってしまうのは…事実で。。。



尊敬できて慕っているお方に、そんな風にされると、恥ずかしいのに…とても安心するのです……。



見透かされて諭されて…従い、

素直にいう事を聞きたい。


明るい自分から、自然とそのような思考にシフトされてゆく。



そしてそれを考えるだけで、心が…そして敏感な部分が反応してしまいます。



補足しておきたいのですが、不安定な時だけ必要とする存在という意味ではありません。

もちろん、いてくださる時は常に大切に想っていますしいつも従者でいます。



忙しく、充実していた日々も終わり、今日からしばらくまた一人で色々と頑張らなければいけません。

でも誰から強制されたわけでもなく、自らが望んで選んだ道。だったらグダグダ考えないで、この世界の事から離れて頑張らないと!


頭ではちゃんとわかっています。


だけど、心が…この世界を求めてしまいます。




…以前、葛藤のカテゴリーに書いた自慰の事で少し進展ありました。またご報告します。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。