〜The relationship between Dominant and Submissive 〜

理性的で、人として尊敬できる独身のDominantの方との奇跡を信じて…

私が、この世界に求めるものの一つに…

支配と被支配…
私がこの世界に求めるものの一つが、お互いに「嘘偽りのない関係でありたい」です。


唯一無二であり、互いに認め合い、支え合い、止まり木であるような関係。
精神的に深く繋がる事のできる関係。
それには嘘や偽りや見栄は一切不要です。


日常生活では、皆少なからず仮面を被って生きているかと思います。
でも、せめてものお互いの前だけは素直になれる関係性でありたいと願っています。


ブログを開設する以前、といいますか昔よく遭遇した事なのですが…
相手によってその都度大幅に年齢を変えていたり、妄想を恰も実体験として語って誘ってきたり、そして真逆の嗜好・考え方なのに話を合わせてきたり…
本当はM男さんなのに、それを隠してS男性だと名乗って演じてみたり…


私には理解できませんが、もしかしたら早急にパートナーを欲していらっしゃった故の言動なのかもしれませんが…


でも、それってたくさん会話を重ねてゆくと必ず矛盾点が明るみに出ます。
少なくとも、私は気付いてしまいます…


見透かされたい立場なのに、すぐに相手を見抜いてしまいます。


もし本当にお相手候補となるのであれば、文字だけの世界ではなく、通話を重ねたり、実際に会って関係を結ぶに至るまでにも、焦らずにたくさんたくさん会話をするわけですから…
嘘は必ずバレます。


それに、私にとっては嘘偽りの関係性は何の意味も成さないので…
早急にSM行為がしたい方とは歩み寄れず、結局はお相手の時間を無駄にしてしまうと思います。


だからこそ、私はどんなに引かれようが、それはSMじゃないと思われようが、嘘偽りなく、正直にこのブログに自身の事を綴っていこうと思います。恐れない…


次回からは、再び原点に戻って勇気を出して綴っていきたいと思っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。