〜The relationship between Dominant and Submissive 〜

理性的で、人として尊敬できる独身のDominantの方との奇跡を信じて…

その後の決心…

お兄さんにそう告白され、頼まれてからの私は毎日ドキドキしながら気が気でない日々を過ごしました。


お医者さん以外の男性に、自分にとって最も恥ずかしくもあり、大切にしている部分を検査されてしまうなんて…
想像するだけで恥ずかしくて堪らないのに、実際にされてしまったら私はどうなってしまうのか…


お兄さんを目の前にどう反応すれば良いのか…


もしも汚いと思われてしまったらどうしよう…


そしてお兄さんは、本当に約束を守ってくれるのだろうか…
信用してしまって大丈夫なのだろうか…


本当に、当時若いながらも様々な事を考えました。


もちろんすぐには返答できませんでしたが、お兄さんは約束通り、一切急かす事なく普通に接してくださいましたし、不安に思う事があればどんな些細な事でもいいから言って欲しい。君が納得するまで何度も同じ事を聞いてもいいから…と言ってくださり、どんな些細な事でも真摯に向き合って答えてくださいました。


そうして時間をかけて色々な話しをしていく中で、だんだんと距離が縮まり、私はようやく決心がついたのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。